トライやる・ウィーク

共栄蒟蒻株式会社は、地域貢献のために、毎年トライやる・ウィークを支援しています。
トライやる・ウィークは、ふだん学校ではできないことや、生徒がやってみたいと思うことを、学校を離れて、約1週間存分に挑戦することから「トライやる・ウィーク」と名付けられました。
学習の場を地域社会に移し地域の人々と共に過ごします。
様々な体験活動や地域の人々とのふれあいを通じて、生徒の心を育てたいという思いから、兵庫県下の全ての公立中学校で実施されています。 

詳しくは、兵庫県教育委員会のページをご覧下さい

本年度は6月5日〜6月9日の間、地元神戸市立御影中学校の2年生男子2名がこんにゃく屋さんを体験いたします。
写真、感想等は随時更新していきます。

2006年度
トライやるウィークのポスター

 

 

トライやるウィーク期間中の目標

  • 少し短期な所がありますが、何でも一生懸命頑張ります。
  • こんにゃく作りに興味があったので活動するのが楽しみです。
作業風景
生詰め板こんにゃくの製造ライン
出来上がった製品を運ぶ力作業です。
工場内はたいへん暑いので辛い仕事です。

手詰めのつきこんにゃくの計量とパッケージ後の殺菌ボイルの準備をしています。

出来立てで熱々のこんにゃく(缶蒸し製法)をカットしています。

カットしたこんにゃくをボイル槽へ
重たくて(5kg)フニャフニャして持ちにくいので落とさない様に注意して行います。

 

トライやるウィークを終えて

  1. 工場の中は機械の音がうるさく、とても暑くて、そこで一生懸命仕事をされているのを見て頑張ろうと思いました。
  2. 立ったまま同じ仕事を長く続けるのはたいへん辛かったです。

  3. 社会の厳しさを教えて頂きました。
  4. こんにゃくには色々な種類があるのを知りました。
  5. こんにゃくは作られる時は冷たいと思っていましたが、熱い状態で袋詰めされているのを見て驚きました。

 

 

2005年度のトライやるウィークはこちら

2004年度のトライやるウィークはこちら

2003年度のトライやるウィークはこちら

2002年度のトライやるウィークはこちら

2001年度のトライやるウィークはこちら

 


 

   こんにゃく雑学  |  こんにゃく料理レシピ  |  会社案内  |  製品のご案内  |  オンラインショップ 
お問い合せ
サイトマップ  | こんにゃくドットコム  | English Site




Copyright©1996-2017 Kyoei Konnyaku, Inc. All Rights Reserved